読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕁麻疹と手湿疹について考察

蕁麻疹

期間:2009年〜2011年迄

原因:だに、ホコリ、カビなど

対策:衣替えの時期など、仕舞い込んでいた衣類はすべて洗濯してからでないと蕁麻疹が出るので全て洗濯。衣類はまめに洗濯。部屋の掃除機がけなどマメに行う。カーペットなどは余り使わないほうが良い。布団も掃除機がけすると猛烈なかゆみは抑えられる。身辺を清潔に保つことが重要。

 

手湿疹

期間:2014年〜2017年現在迄

原因:恐らく乾燥による

対策:病院で処方される薬ではなかなか改善しなくて苦悩。基本的にケアをまめにしっかり行えば改善する。市販のクリーム類をたっぷり惜しみなく塗り続け、一日中保湿を続ければ短期間で劇的に回復する。短期間で良くしたいなら休日は保湿の日として肌がしっとりした状態を維持すると効果的。食器洗いや、調理の際もゴム手袋着用。就寝時も綿手袋を着用。湯上がりの濡れた体にクリームを塗り込み保湿。特にニベアクリームは掻き壊した体に塗っても若干の痛みがある程度で、しっかり浸透して保湿するし確実に効果がある。掻き壊した体に使わない方がいいのはワセリン。ワセリンの場合皮膚が息が出来なくなるようなイメージで塗った直後に猛烈な痒みに襲われるので試用を避ける。

一日2回ほど病院で処方されたクリームを塗っていた頃よりも、マメな保湿ケアによって2017年に入ってから手湿疹が劇的に改善した。