jane birkin bunkamura 2

去年のカンヌのbirkinを見た時は急激に老けたように見えたが

コンサートでは元気な姿を見ることが出来て安心した

 

歌声は非常に安定していたし、スタイルは以前の彼女らしくて健康状態も悪くないのかなと思った

 

三越まで写真展を見に行ったが、展示数が少なく残念

 

コンサートは、なんというか

夢のようというか

憧れの存在が目の前にいる興奮と

聞き慣れたsergeの楽曲が目の前で演奏されることで

存在、楽曲共に確かに存在していたんだと認識する変な感覚

 

sergeの曲は切ない曲ばかりだったんだなと改めて感じる

オーケストラの演奏により、より悲哀さが増す

 

波乱万丈の人生でも、前進する強さと包み込むような大きな愛を持ったbirkinの歌声と、彼女のメッセージを生で聞けたことは胸が熱くなる様な最高の体験だった

 

彼女のsergeへの思いを想像すると泣いてしまったし、

sergeもいまこのステージに

彼女の側にいるのかなあと考えるとまた興奮した